公開日:2020.09.02

資金分岐点の重要性

資金分岐点

損益分岐点(損益が分岐する点・・収益-費用=0の点)はよく耳にする用語です。
しかし経営において損益分岐点だけでなく、資金分岐点(収入-支出=0の点)を確認しておくことが重要です。

決して資金力が潤沢とは言えない中小企業にとって資金力に焦点を当てた経営は必須といえるでしょう。資金がマイナスになれば会社が運営できなくなる可能性があるからです。損益分岐点と資金分岐点を共にクリアする経営が求められます。

未来会計図A社1

図①はA社の未来会計図です。損益分岐点=税引後利益は0で損益が分岐しています。
しかし、資金収支は借入返済があるためマイナス3,000千円になっています。

(税引後利益0+減価償却費1,000-借入返済4,000=資金収支▲3,000)

では、資金分岐点を均衡させるためにいくら売上を上げたらいいでしょうか?

未来会計図を使ってシミュレーションをしてみますと、売上高が120,000千円から126,944千円にアップすることができれば図②のように資金収支が均衡します。

売上高 ・・・・・・・・   120,000千円 → 126,944千円

未来会計図A社2

もちろん、売上高を増額する以外にも変動費削減、経費削減、借入返済額の見直しなどを行って資金収支を均衡させることも可能です。

将来の損益と資金を事前に把握して着実な手を打っていくこと、それが重要です。

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
留守番電話になった場合はお名前とご用件をお伝えください。
どんなことでも
お気軽にご相談下さい!
0120-201-180
0120-201-180
受付時間:9:00〜18:00(平日)
メールでお問い合わせ
オンライン相談*実施中!*Zoom/ChatWork等
事務所・ご自宅の端末、スマホからでも繋げます!
事務所・ご自宅の端末、スマホからでも繋げます!(*Zoom/ChatWork等)