上原note
2021.09.21

この借入金本当に返せるのか?

「こんなに借り入れしていて本当に返済できるのか?」

今、このような不安を抱えている経営者の方が多くいます

 

多くの会社がコロナ関連の融資で大量の借入をしました

厳しい審査を通過しなければ受けられないはずの融資が、この2年間は申請するだけで何千万円と下りました。

それも無利息、23年間の返済猶予という特典付きです

 

しかし、その融資も返済しなくてはなりません。

仮に融資金額6000万円、10年返済とすると毎月50万円、毎年600万円の返済をしなくてはなりません。税金を考慮すると年間840万円の税前利益が必要となってきます。

その返済開始が目の前に迫っています。

 

ではどうするか?

残念ながら借入が消しゴムで消せるわけではありません

 

会社によって状況は異なりますが、まずは会社の現状を把握することが第一です

  • 借入返済額は返済可能な範囲内なのか
  • 返済できないのであればいくら足りないのか
  • いくらだったら返済できるのか
  • 将来1年間の資金繰り表の作成
  • 売上の上積の検討
  • 原価や経費の削減の検討
  • 不用な資産・遊休資産の売却
  • 積立生命保険の解約
  • 一括支払いを分割支払いに
  • サイトの見直し
  • 銀行交渉の検討

現状を把握してしっかりした計画を立てること

その計画に従い着実に実行することです

計画に沿ってキャッシュフローをプラスにすることができれば成功です

(税引後利益+減価償却費)>借入返済

この不等号が逆ですと資金残高は減少しいつかは資金ショートになってしまいます

 

「返済開始までには時間があるからその間に何とかなるだろう」

という安易な考えは危険です

返済開始までに時間のある “今” 動かないと手遅れになってしまいます

 

資金繰りは会社の存続に関わる問題です

危ないと思ったら専門家に相談することをお勧めします

早期の対策をご検討ください

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
留守番電話になった場合はお名前とご用件をお伝えください。
創業支援・顧問税理士は
お任せ下さい!
0120-201-180
0120-201-180
受付時間:9:00〜18:00(平日)
メールでお問い合わせ
オンライン相談*実施中!*Zoom/ChatWork等
事務所・ご自宅の端末、スマホからでも繋げます!
事務所・ご自宅の端末、スマホからでも繋げます!(*Zoom/ChatWork等)