上原note
2021.11.15

所要運転資金の活用

キャッシュフローをよくするにはどうしたらいいか?

その手立ての一つとして所要運転資金の見直しがあげられます。

所要運転資金とは、以下の計算式で求められるものです。

所要運転資金=売掛金+受取手形+棚卸資産-買掛金-支払手形

 決算日現在の貸借対照表を見れば、これらの数値が載っていますので計算してみてください。

 

仮に、A社を例にとり、A社の所要運転資金が2400万円としましょう。

さて、この所要運転資金ですが、会社の運営をしていくためになくてはならない資金です。

この資金がなければ、商品の仕入れ、在庫の確保、掛売での商売ができなくなってしまい、経営の継続は困難だからです。

 

したがって、この資金はいつも会社内に留保していてほしい資金なのです。

金融機関もその点は理解しており、所要運転資金の分まで返済しろとは言ってきません。

 

一方、A社の会社全体の借入金が9600万円(5年返済、毎月160万円返済)あったとします。

毎月の返済、160万円、年間1920万円の返済でとても大きな数字です。

借入金返済のための原資は、利益ですね。

利益がなければ、手持ち資金から返済せざるを得ず、いつかは資金残高が枯渇してしまいます。

そのため、借入返済のための融資を受け借入本数を増やしているケースが見られます。

借入本数が増加すれば、返済金額は増え、会社経営はますます苦しくなっていきます。

 

そこで、キャッシュフロー対策として、上記のA社で

  • 所要運転資金分は返済枠から除外する
  • 長期借入金は返済期間を最長10年を確保する

の二つを実施できないかを検討します。

  • 借入金9600万円から所要運転資金分2400万円を返済枠から除外する
  • ①の結果生じた長期借入金は返済期間を10年にする

の対策を講じた場合の返済金額を計算すると

  • 借入金9600万円-所用運転資金2400万円=長期借入金7200万円
  • 長期借入金7200万円/返済期間10×12か月=毎月の借入金返済60万円

となり、借入金返済額は大幅に減少しました。

 

毎月160万円の返済  毎月60万円の返済

毎月100万円のキャッシュフローが生み出せ資金繰りは大幅に改善されます。

 

もちろん、現実には、机上の計算だけでなく、現状の分析、金融機関へ納得のいく説明、将来を見据えた経営計画書の提示なども必要になってきます。融資を受けている数行の金融機関との話し合いも必要でしょう。

簡単ではありませんが、トライして損のない話ではあります。

ご相談の向きはお電話いただければと思います。

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
留守番電話になった場合はお名前とご用件をお伝えください。
どんなことでも
お気軽にご相談下さい!
0120-201-180
0120-201-180
受付時間:9:00〜18:00(平日)
メールでお問い合わせ
オンライン相談*実施中!*Zoom/ChatWork等
事務所・ご自宅の端末、スマホからでも繋げます!
事務所・ご自宅の端末、スマホからでも繋げます!(*Zoom/ChatWork等)