上原note
2022.03.23

資金収支を売上アップで解消するには

例として下図のA社をご覧ください。

未来会計図

A社は資金収支が▲1,400千円です。
これを売上高の増加で賄うには、どれほどの売上アップが必要でしょうか?

▲1,400千円を賄うには、税引き後で7,000千円、税率30%として税引き前で10,000千円の利益が必要です。
売上総利益率が60%ですので10,000千円÷0.6=必要な売上アップ16,666千円となります
数式で考えるとわかりにくいかもしれませんが、図で考えるとわかりやすいと思います。
これも、未来会計図の便利なところです。

資金収支▲1,400千円を解消してプラスにするには売上アップが最低16,666千円必要とは結構大きな数字です。前年対比110.4%の売上が必要です。しかも、その達成には人材、設備等の増強も必要になってくるかもしれません。

資金収支をプラスに、という考えはわかりますが、これを売上だけでカバーするとなると大きな負担ではあります。負担の少ない方法によって資金収支をプラスにできないか考えてみる必要があります。

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
留守番電話になった場合はお名前とご用件をお伝えください。
創業支援・顧問税理士は
お任せ下さい!
0120-201-180
0120-201-180
受付時間:9:00〜18:00(平日)
メールでお問い合わせ
オンライン相談*実施中!*Zoom/ChatWork等
事務所・ご自宅の端末、スマホからでも繋げます!
事務所・ご自宅の端末、スマホからでも繋げます!(*Zoom/ChatWork等)