上原note
2022.04.13

安全運転管理者のアルコールチェック

社用車を5台以上保有している事業所については安全運転管理者を公安委員会に届け出ることになっていますが、4月から道路交通法施行規則が改正され、安全運転責任者の業務としてアルコールチェックが義務化されています。

2022年4月1日施行・・酒気帯びの有無の確認及び記録の保存

運転前後の運転者に対して酒気帯びの有無を確認すること。
検査の確認の内容を記録し1年間保存すること。

2022年10月1日施行・・2.アルコール検知器の使用等

国家公安委員会が定めるアルコール検知器を用いて行うこと。
アルコール検知器を常時有効に保持すること。

詳しくは警察庁のパンフレットをご覧ください。
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/insyu/img/ankan3.pdf

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
留守番電話になった場合はお名前とご用件をお伝えください。
創業支援・顧問税理士は
お任せ下さい!
0120-201-180
0120-201-180
受付時間:9:00〜18:00(平日)
メールでお問い合わせ
オンライン相談*実施中!*Zoom/ChatWork等
事務所・ご自宅の端末、スマホからでも繋げます!
事務所・ご自宅の端末、スマホからでも繋げます!(*Zoom/ChatWork等)